ここでは、グランツアーUSAで旅行した方々の声をご紹介します。

119.JPG120.JPG参加者 : 東京都東久留米市 阿久津ひばりちゃん 2012年8月
この夏始めて行った海がなんとアメリカのハーモサビーチでした。
海に入れるなんて思っていなかったので水着は持ってきませんでした。砂浜でおさんぽと思っていました。
しかし、しかし、ビーチを歩いているとやっぱり海に入りたい!!と思ってTシャツとスカートをぬいで海にまっしぐらに走って行きました。
海の水ははじめはとても冷たかったけど、すごく気持ち良かったです。
夕方4時を過ぎていたのに海の中にはたくさん人が入っていて波も次から次と来て
たのしくてたのしくて、水着を着ていないこともすっかり忘れていました。
砂浜で見ていたお母さんとKUMIKOは何度も遠くに行ってはダメ!!と言いましたが、
ついつい楽しくて少しずつ海の奥の方に行ってしまいました。
このまま奥に行って流されたらどこに行くんだろう、およいで他の国に行けそうな気が
しました。 ビーチの砂はとてもサラサラして白くて水もきれいで、私が一番おどろいたのが砂浜や海の中にゴミがぜんぜんなかったことです。本当にステキな海でした。
体も日本の海に入った時みたいにベタベタしなくて気持ちよかったです。
今度、来た時は朝早くからから一日中というか何日もこのビーチにいたい!!
と思いました。 こんなステキなビーチに連れて来てくれたKUMIKO、ありがとう。

アメリカのハンバーガーはきっと大きいよ。
一度は食べてどうだったか教えてね、と日本で留守番をしているお父さんに言われていたのでKUMIKOにたのんで連れて行ってもらった 「IN AND OUT」ハンバーガー屋さん。
私もお父さんの言うようにおまつりで食べた佐世保バーガーみたいに大きいのかと思っていました。 お店に入ると昼も夜中もたくさん人がいてすごくにぎやかでした。
私はたまねぎぬきのハンバーガーをたのみました。
ハンバーガーの大きさはそんなに大きくなかったけど、すごいボリュームでした。
あついパンにたくさんのレタス、ジューシーなトマト、そして大きくて厚いハンバーグが
入ってました。 私はサラダのレタスはにがてなのにハンバーガーに入っていたレタスは
とてもおいしくて全部食べれました。
連れて行ってくれたKUMIKOにつーな食べ方を教えてもらってソースをハンバーガーに
つけながら食べたのは最高でした。 
こんなにおいしいハンバーガーを食べたのははじめてです。
こういう時にデリシャス!!っていうのかな?と思いました。
私はこの最高においしかったハンバーガーの味を忘れないために決めたことがあります。
それは、またいつかロサンゼルスに帰って「IN AND OUT」ハンバーガーを食べるまで日本ではハンバーガーを食べないと決めました。
今すぐにでも、もう一度ハンバーガー食べたいです。
たくさん勉強して必ずロサンゼルスに来ます。
ハンバーガーのためにがんばろう!!
こんなおいしいお店に連れて来てくれたKUMIKOほんとうにありがとうございます。
116.JPG参加者 : 岐阜県 西村さん&五味さん    2012年8月
今回の旅は、4年ほど前に羽吹学長より、「是非、お孫さんを連れてSUAへ」との講演を伺った人生約70年海外旅行にも行った事のない母の「必ず行く!」との決意が始まりでした。
メンバーは、孫6人中の5人の学生(大学生1名、高校生1名、
中学生2名、小学生1名)と旅行手続き係りの娘の私と母の総勢7名でした。
◆1日目  ロサンゼルス空港〜ホテル
ロサンゼルス空港ロビーにバートさんが迎えに来て下さり、車中私たちの緊張を解きほぐして下さるかのように、気さくにアメリカの豆知識を教えて下さいました。
ホテルは、ご紹介頂いた都ハイブリッドホテル。旅の疲れをゆっくりほぐせる日本式の
お風呂と日本語が通じるホテルマンと近くには日本食が食べれるミツワスーパーと、、、アメリカにいて全く不便さを感じない心地よいホテルでした。
◆2日目  SUA見学、ディスカウントストアー
今日は待望のSUAへ。夢にまで見たSUAはとにかく素晴らしい、何もかもが超一流
でした。 キャンパスを千葉県出身の学生さんに案内して頂きありがとうございました。
自然豊かな大地に、超一流の建物、そして、キャンパス内で出会った各国の学生さんの瞳の輝き・笑顔がとても爽やかで充実感に満ちている事が伝わってきました。
徹して学問の道を追求できる環境、そして貢献的人生を志す一流の人材がSUAから世界中に拡がっていく一端を自分の目で見せて頂きました。キャンパス内を一歩一歩大切に踏みしめ、池田先生のご偉業の素晴らしさを全身で感じる大感動のSUAでした。
子ども達の夢も大きく拡げて頂く事ができました。帰りは、リッツカールトンから見る絶景の太平洋をプレゼントして頂き、またまた全員大感動!生スムージージュースも、ターゲット、マックでの買い物も良い思い出です。
沢山の心遣いを頂き、ありがとうございました。 すっかり、息子もバート兄さんとの会話を楽しみ、別れが寂しかった様です。ありがとうございました。
◆3日目  ディズニーランド
女の子4人組はほぼアトラクション制覇、本場アメリカディズニーを満喫していました。
あとの3人は・・・コロンビア号やディズニー鉄道でカリフォルニアの爽やかな風を感じて
いました。 夜のファンタズミックや花火は最高にきれいでした。
◆4日目  ハリウッド、SGI-USA本部、レストランでディナー
ハリウッドはアメリカらしい、主人を連れてきたらはまってしまいそうなところでした。
サンタモニカのSGI本部では、アメリカ広布を拓かれたクラークさんのお話、笑顔の素敵なメイさんとの出会い、忘れられません。
帰国してから、子ども達と共に、新・人間革命を読み感動が幾重にも拡がっています。
アメリカ最後の夜は、グランツアーさん推奨の中華をお世話になったトムさん奥様、博子さん、そして大分からの南さんご家族と一緒に、円卓を囲み、美味しいお料理で会話で弾みました。 お写真もありがとうございました。
◆5日目  ホテル〜空港
インターネットチェックインできないマレーシア航空の搭乗手続きの為、余裕を持ってホテルを出発する事を提案してくださったトムさん。でも、空港では既に長蛇の人が・・・
一番驚いて見えたのがトムさんでした。しかし、お陰様で行きとは違い、4人、3人で
まとまって座席がとれ大変に助かりました。ありがとうございました。
すべては、グランツアーさんのお陰で、素晴らしいアメリカ旅行(計画〜帰国後まで)となりました。毎日の車中の会話も勉強になる事ばかりでした。トムさんが子どもの名前を覚えることが苦手と奥様が仰って見えましたが、最後には5人の子ども達の名前を全員覚えて下さっていました。家族の様に、接して下さったグランツアーの皆様に本当に感謝。
次、ロサンゼルスに降り立つ時も、やっぱり私たちもグランツアーさんと決めています!
115.JPG参加者 : 東京都小平市 中野さん  2012年8月
この度は、大変にお世話になりました。
初めての海外家族旅行を安心して存分に楽しむことが
できました。 大自然に敬意を感じたグランドキャニオン。
ハリウッドやビバリーヒルズ等観光ではアメリカ風土の面白さを
興味深く知ることができました。
SGI-USA本部では先生のSGIをつくられた深い想い、またメンバーの求道心に
とても感動いたしました。
そして、SUAキャンパスは本当に想像以上に素晴らしいところで感激いたしました。
子供達を連れてきて本当によかったと、心から思いました。
創立者が築かれたこの創価教育の世界への大きな流れはさらに輝きを増していくと
思いました。 今回、事前の様々なトラブルに迅速に対応して下さり、感謝いたします。
楽しいガイド付きオプション、ホテルや近隣のお店MAP、お水や食事の心配にいたるまでお世話になり本当にありがとうございました。
SUA目指し親子共に語学に挑戦していこうと改めて決意することができました。
114.jpg参加者 : 福岡市 荒木さん  2012年7月
先日は大変お世話になりました。
SUAのキャンパスに自分が立っているなんて夢のような気持ち
でした。広大な敷地に素晴らしい建物、1つ1つの施設に
きめ細かな配慮を感じました。
世界の指導者へと育つようにとの学生さんたちへの思いが伝わってくる大学、
感動感動の一日でした。
又創立された先生の大きさ偉大さをあらためて感じた旅になりました。
案内してくださった学生さん本当にありがとうございました。
中込さんにも1日案内頂き素晴らしい思い出を作って頂き感謝です。
機会がありましたらもう一度行きたいと・・・。 今度は息子と。
113.JPG参加者 : 東京都目黒区 戸田さん 2012年5月
先日はSUAとSGI本部の見学ツアー大変お世話になりました。
ありがとうございます。
車中から見える木々の緑、ジャカランダ(Jacaranda)の紫の花が、目を和ませてくれました。
ロスアンゼルスは雨期から乾期に入ったばかりで一年を通して湿気のない爽やかな一番良い時期に来られたとの話を頂きました。
夏には乾燥が進み、木々・草花が枯れて山肌が茶色一色になるとのこと。
四季のある日本では経験のすることの出来ないことと感じました。
ファウンダーズホールの国旗の数、30数カ国からSUAに学生が学び集っていることに
感動を覚えました。(全米2位)
ベビーカーを押しながらママさん達がキャンパス内を散歩されている姿に、市民に
開放され愛されているSUAであると感じました。 関西出身の学生さんの名ガイドで
楽しく、また驚きながら校内の見学をさせて頂きました。
学生・教授・職員が一体になりながら、どこまでも学生第一とするすばらしい特色を持つSUAを肌で感じさせて頂き貴重な体験をすることができました。
SGI本部では、クラークさんのご案内を頂きました。
アメリカ広布の草創期からの熱き想いを、今も赤々と胸中に燃え上がらせながら使命を
果たされている姿に、深い感動と報恩の想いを禁じ得ませんでした。
いま、機会あるごとに自身の想いを語らせて頂いております。
グランツアーの中込様はじめ、SUAの職員の方、在校生の方々、SGI本部の方々の
ご親切な応対に心より感謝申し上げます。 ありがとうございました。
112.JPG参加者 : 群馬県高崎市 野口さん 2012年3月
3月27日からの一週間、大変お世話になりました。
今回の旅行は、行けたらいいなぁ・・・ぐらいの感覚で突発的に
思いたち、1ヶ月半前に最初のメールをしました。
にも関わらず、非常に親切・丁寧なご対応をスピーディーにして
頂き、あっという間に夢を実現させることができました。
ホームページのお客様の声を拝見して素敵な旅行になることを確信してはいましたが、
本当に夢のような一週間でした。
毎日の移動の車中では現地の活動の話や会合の様子などいろいろなお話を聞かせて
いただき、今日はどんな話が聞けるのだろうと、車に乗ることさえ楽しみでした。
元ロス分校は変わってしまってはいたけどとても懐かしく、21年前にタイムトリップする
ことができました。
SGIアメリカ本部ではクラークさんのご案内で展示や館内を見ながらアメリカSGIの歴史をたくさん聞かせていただきました。
SUAでは学生さんとの懇談の時間を作ってくださり、娘にとっても非常に有意義な時間となりました。
ショッピング一つ取っても細やかなご配慮をいただき、楽しく有意義な買い物ができました。お土産に買い占めた(笑)ゴディバのチョコやハリボーのグミ、大好評でした!
今回の旅行は親孝行・子供たちの発奮・自分へのご褒美・結婚15周年記念等々いろいろな意義を込めたものでしたが、すべて最高の形で達成できました。
母も感激・感動の毎日だったと大変喜んでいました。
中学生の長女は「5年後に私がお母さんをSUAに連れていってあげるから!」と言ってくれました。 小学生の次女も帰りのLA空港で「私もSUAに行きたーい!」と話してました。
長女は英語を中心に勉強を頑張っています。
が・・・長女の進学まで待たずに、またすぐにでも行きたいです(笑)
「次回」がいつになるかはわかりませんが、また必ず行きます!
その時はまたよろしくお願いします!! 本当にありがとうございました!!
111.JPG参加者 : 福井市 大日方さん&中森さん 2012年2月
先日はたいへんお世話になり本当にありがとうございました。
今回の旅行を計画するにあたり家族や、周囲の人達も大変心配
しておりましたがそんな時、グランツアーに巡り会える事が出来て本当に良かった。
空港で三色旗をかざして出迎えてくれましたが、まるで家族や親戚の人と出会う様な
雰囲気でした。
・車に乗るとすぐに、挨拶もそこそこに、方言丸出しで語りあいました。(笑)
・ホテルは日本式のお風呂があり、隣には日本のものが中心に売っているスーパーや
 居酒屋等があり、ロサンゼルスにいる事を忘れる程の素敵なホテルでした。
・行程の時間も私達のペースに合わせて組んで頂いたので無理なく快適でした。
・毎日、スーパーマーケットに立ち寄り、ドルを使っての買物が出来て、ドキドキわくわく
 しました。)^o^(
・初めて海外旅行に行く方も心配なく到着から帰国までサポートしてくださる会社です。
まだまだ、他の国へも旅行したいと思うけど、世界各国に、グランツアーが有ったら
いいなぁ〜〜〜〜〜
私は一年の間に数回東京の信濃町に出かけていますが、そんな雰囲気で、
気軽にロサンゼルスに行きたいと思いました。
たのしい旅行をほんとうにありがとう!!!!!!
とってもアットホームなグランツアーさんに  〜〜〜感謝〜〜〜〜
110.JPG参加者 : 石川県金沢市 上原さん
昨年8月にご参加頂いた上原さんよりお手紙を頂きました!
グランツアーさんには、素晴らしいお仕事をされていることに
感謝と感動を覚えました。
SUAが創立した年、当時小学校1年生の息子が「僕、SUAに
行く!」と無邪気に宣言してから早10年。 受験生となった息子は成績の壁に押しつぶされながら、受験を決めかねていました。 そんな時、実家の母が「未来部のお役に
立ちたい」と経費を申し出てくれ、今回の「高校3年生男子とその母」のSUA二人旅が
実現しました。お母さんありがとう!!
初日、日本を出発したのが0:05羽田発でした。 ロサンゼルス18:00到着。 その足で
夕飯となる、おいしくて安いハンバーガー屋さんに連れて行っていただき、ホテルへ。
時差ボケも無くゆっくり眠れ、快適な一日目を過ごすことができました。
翌日は午前中にSGI本部でクラークさんに会館内を案内していただき、貴重なお話を
聞かせていただきました。 また、別の日程で参加 されている日本人の方との交流も
あり、楽しかったです。 その日の午後は、息子と二人で市内観光。 楽しいガイドさんが心尽くしに案内して下さり、気候、地域性を実感しながら満喫しました。
絞りたての生ジュースがおいしかったです。
2日目は、グランドキャニオンを見学。 別の世界、別の星にたどり着いたような気分で、感動につぐ感動・・・しすぎて疲れました(*^_^*) そこでは、SGI本部でお会いした同志の方とご一緒でき、2倍の楽しみを味わわせていただきました。
3日目は、待望のSUA見学です。 中込さんに、車でホテルを出発してから車内も学内も一日中SUAの詳細を語って頂きました。 中込さんには、まるで昔からの知り合いのように馴れ馴れしくも質問攻めにしてしまいましが、そんな私に根気よくつきあってくださいました。 感謝感激です。 途中、息子の忘れものを探しに走っていただき、本当にお世話になりました。 この日の22:00ロサンゼルス発で帰国したので、それまでの時間を巨大モールに連れて行っていただき、息子と二人でおしゃべりを楽しみながらショッピング三昧。 そのまま空港へ送って頂き、日本に到着したのは翌日の早朝。 石川県在住の
私たちは、小松空港に9:15に到着しました。 とかく、出発日も到着日も無駄に過ごし
やすい海外旅行ですが、短期間のツアーを上手に組んでいただき、それはそれは時間も、お金も、内容も充実した楽しい楽しい旅となりました。 重ねて感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。 結局、我が息子は今年の受験を見合わせ、来年の受験に向けて猛勉強の決意をしました。
109.JPG参加者 : 栃木県小山市 大塚さん  2012年1月
先日は大変お世話になりました。
こどもたちは、初めてのアメリカ旅行ということもあって緊張して
いましたが、SUAでの経験は本当に楽しく、感動することばかりであっという間に楽しい時間は過ぎてしまい、帰国の途に着くことになりました。 改めて、SUAのすばらしさ、先生の思いを感じることができ今回、訪問させていただき、本当に良かったと思っています。
また、ご対応してくださった職員の方をはじめ、在校生の方々の親切に心より感謝申し
上げます。
このたくさんの方々との出会いは子供たちだけでなく、私自身にとっても得難い経験となり、今回の訪問を通して、少しでも先生の思いをみんなに伝えていきたいと思っています。
108.jpg参加者 : 大阪府大阪市 山口さん  2011年12月
SUAでは、雄大な自然の中の素晴らしい施設、
また何より学生さんの勉学に取り組む姿にとても感動しました。
息子達も感じるところがあったようです。
新年勤行会では、会合がノリノリのラップミュージックでスタート、登壇者は皆さん明るく、
そしてストレートな感情表現 、本幹同中の上映、御本尊授与式と内容がとても盛り沢山な事に驚かされましたが、勤行・唱題 そして新入会者と紹介者の感動的な光景は、
国は変わっても、普遍のものと感じました。
また、会合のフィナーレ―の「第九」の合奏・合唱に、地元未来部のメンバーに交じって
いつの間にか息子達も登壇していたのには更にビックリ。御配慮ありがとうございました。
今回の5泊6日のツアー内容は、子供の行きたいところや、妻の要望などもあり他の都市には移動せず、LAの周辺だけで、ホテルはアナハイムに連泊など事前にメールで相談
しながら決めたのですが到着後の行き先などについても、その都度 細かくご対応頂き
大満足の内容でした。
[日程]
12月28日 空港到着後 LA市内見学(ハリウッド・ビバリーヒルズなど)
     市内からアナハイムに向かう途中、地元スーパーで時間を取って頂き食品や
     ミネラルウォーターなどを買う事が出来ました。
     (ホテル内は、どうしても割高ですから・・・)
12月29日 SUA見学
    中込さんの案内で、SUAへ
    私たちが関西からの訪問だったのか、大学の見学ツアーは関西出身の英才に
    とても丁寧に案内して頂きました。
    学内の食堂では、美味しい各国の料理はもちろんの事、 やっぱり日本人…
    納豆とお味噌汁にとても癒されました。
    大学からの帰りに、家電量販店(BEST−BUY)、もう一度スーパー(妻の希望)
    それに…思わず笑ってしまうくらい甘いアイスを食べました。
12月30日‐31日 ディズニーランド&カリフォルニア・アドベンチャーを満喫
1月1日 サンタモニカのSGI−USA本部の会館で新年勤行会に参加。
    車に弱い息子の為にドラッグストアへ立ち寄って頂き、酔い止めバンドを
    探して頂きました。 これって、今回のアメリカのお土産の中で一番価値あるかも
    夕暮れ近いサンタモニカの海岸沿いを散策。
    そして、自然食品のスーパー(度々すみません)
    本場アメリカのBBQの夕食はお肉も飲み物も大満足のボリュームでした。
1月2日 空港まで送迎頂き、チェックインまでお手伝いして頂きました。
この旅行を通じて、家族がそれぞれに成長でき、貴重な体験を通じて新たな決意をする
事が出来たのは中込さんをはじめグランツアーの皆さんのサポートのおかげと大変感謝
しております。 それと地元スーパー好きの私たち家族の事は、たぶん印象に残ったかも知れませんね・・・。
107.JPG参加者 : 大阪府大阪市 上田さん 2011年10月
10月19日から24日にかけてグランツアーに一人で参加させて
いただきました。 初めての海外一人旅ということもあり最初は不安で
いっぱいでしたが、事前の丁寧な説明やサポートもあり、出発の時には嬉しさと楽しさでいっぱいで、ずっとわくわくしていました。
アメリカに着いてからも、三色旗を持って出迎えてくださり、ハリウッドやビバリーヒルズ、グランドキャニオンやサンタモニカビーチ、メキシコなど有名な観光名所を回ったり、女性には嬉しいLAでのショッピングなど、日本では体験できない自然や文化、現地の食事を楽しむことができました。
そして何より、小学生の頃から夢みていたアメリカ創価大学の見学。
写真や映像で見るよりもはるかに美しく壮大で、また今自分がその夢みていた場所に立っている、先生が作りたいと願っていた最高傑作を今この目で見ているんだという
感動で胸がいっぱいでした。
大学内を見学させていただく中で、見るもの全てが創造を超える美しさと、また生徒さん一人ひとりの勉強熱心な姿勢に沢山の影響を受けました。
その後、学会本部や座談会にも参加させていただき、SGIメンバーとの交流、対談や先生がアメリカへ足を運ばれた際のお話など、日本ではなかなか体験できない貴重な時間を過ごさせていただきました。
何よりこの旅で、自分が大きく成長でき、夢が叶い、貴重な体験と優しい方々との多くのふれあい、そして先生の思いやそれに向けてのみなさんの前向きな姿勢に感動し、自分の今後の人生の中で多大な影響をうけたのは間違いありません。
人生の宝物がまた一つ増えました!
このツアーでは、途中突然の私の要望で予定変更になったりもあったのですが、その
要望も全て叶えてくださり、思っていた以上の楽しさと感動を体験することができました。
また次は絶対に家族と一緒に参加させていただきます!!
楽しい旅、そして最高の思いでを作ってくださり本当にありがとうございます!
106.JPG参加者 : 福岡県福岡市 山下さん 2011年8月
今回ツアーに参加出来、素晴らしい思い出を作らせて頂き
ありがとうございました。
ロサンゼルスへは私は大学2年生の時に創価大学のロサンゼルス分校での語学研修以来約20年ぶりでしたが、あの頃訪れた時の気持ちを思い出し非常に感慨深いものでした。
参加した家族全員がアメリカ創価大学の素晴らしい環境に大変感動しました。
SGI−USA本部では、展示物や施設を見学させて頂きながらアメリカ広布草創のいろいろなお話をお聞きし、今まで聞くことのなかったようなさまざまなエピソードを知り感動の
連続でした。 今回のツアーは間違いなく一生の思い出になりました。
8年後必ず行きたいと思いますのでその際はまた宜しくお願いいたします。
105.JPG参加者 : 愛知県丹羽郡  近藤さん   2011年8月
先日は大変お世話になり、本当にありがとうございました。
今回、母と一緒にGrantourさんの旅行に参加することができて
本当に良かったです。 何よりも中込さんをはじめ、多くの人との出会いに感動する旅となりました。 そして、「SUAを行ってみたい!」という夢も叶いました。本当にありがとうございます!!
1日目 
2時間近く遅れて空港に到着した私たちを、中込さんが三色旗を持って待っていてくれました。三色旗を見ると、なぜかとてもホッとしました。それからすぐにSUAに向かいました。
SUAは、今回一番行ってみたかった場所です。空港からは車で1時間ほどでした。
車中、中込さんが大学のことを色々教えて下さいました。奨学金制度が充実していることや、SGIメンバー以外にも、大学の理念に惹かれて優秀な学生が集まってくること・・・
などなど。特に驚いたのは、今年40代のイギリス出身の女性が入学されたとのこと。
素晴らしいです。
SUAでは、まずファウンダーズ・ホールときれいな池が目に飛びこんできました。
写真では見たことがありましたが、実物はもっと美しいです。 
池の色がスカイブルーに輝いて、思わず「うわぁ〜」と声を出してしまいました。
キャンパス内は、インドから留学している学生ガイドさんが案内してくれました。
いたるところに大学への寄付者の氏名が刻まれていて、その数の多さに感激しました。
キャンパス内の木々も手入れがいきとどいていて、1つ1つの建物、木や花に心が込められているのが分かりました。
また、大学全体がアットホームな雰囲気があふれていて、1人1人の学生を大切にしているんだな〜と思いました。 夕食は学食でいただきました。
たまたま、この日の夜に野外でジャズコンサートが開かれるということで、地元の人も多く集まってきていました。地域に開かれた大学だと知りました。
実はこの日は飛行機や車に酔ってしまい、気分が悪かったのですが、中込さんが乗り物酔いに効く「バンド」を買ってきて下さり、おかげで不思議と体調も良くなりました。
本当にありがとうございます。このバンドのおかげで帰りの飛行機もバッチリでした。
2日目
SGI-USA本部と旧ロス分校訪問、ロサンゼルス市内観光でした。
SGI本部では、クラークさんに館内や展示物を案内していただきました。
クラークさんがアメリカに渡った頃のお話や池田先生や草創期の先輩方が必死の思いで闘ってこられたおかげで今のSGIがあることを知りました。
ちょうどこの日は教学の代表者の会合があり、様々な国のメンバーが嬉々として集まってみえました。
次に向かったのが、旧ロス分校です。
私自身が、創価大学3年生のときにサマースクールに参加させていただいた、
懐かしい思い出の場所です。キャンパスが近づいてくるとワクワクしました。
正面のゲートが工事中でしたが、横の門から中に入ると、昔の記憶がよみがえってきました。 自分が宿泊していた寮も、授業を受けた棟も、建物はきちんと残っていました。
残念ながら、湖など一部無くなってしまったものもありましたが、この場所にまた戻って
こられたことが嬉しく、とても幸せだと思いました。
日本に戻ってから、ロス分校にいたときの日記を読み返し、自分の原点や当時の決意を思い起こすことができました。日記の中に、ロス分校の丘の山頂から「また来るぞ〜」と叫んだことが記されていました。全く忘れていましたが、その時の夢が叶ったのだなぁ〜と思いました。
ロサンゼルス市内観光も、色々なことを知っている中込さんが、ていねいに分かりやすく説明して下さいました。中込さんのお話はとっても面白いです。
帰りは、お土産を買うために近くのスーパーマーケットに寄っていただき、チョコレートやナッツなどをドッサリとお値打ちに買うことができました。
3日目
グランドキャニオン・ツアーに参加しました。19人乗りの飛行機に乗って現地に向かったのですが、こんなに小さな飛行機に乗ったのは初めてでした。でも、特に大きな揺れもなく平気でした。そしてバスに乗り換えて、日本人ガイドの方に案内していただきました。
初めてのグランドキャニオンはとにかく壮大で、「大っきい!」という言葉しか出ませんでした。少し山道を行くと、60年に1度しか花を咲かせない植物だとか、何百年も前に書かれた壁画だとか、珍しいものも見ることができました。グランドキャニオンは夜の星空がとても美しいということなので、できれば今度は公園内のロッジで宿泊してみたいです。
今回は、Grantourさんに参加している方がもう1組いて、グランドキャニオン・ツアーも一緒だったので、色々な話をすることができ、楽しく交流することができました。学会の同志の方は本当にありがたいです。
4日目
いよいよ帰国です。ホテルから空港の搭乗手続きまで一緒について頂いたので、
安心して飛行機に乗ることができました。
Grantourさんに紹介していただいたホテルも快適でした。
また、機会があればロサンゼルスに行きたいと思います。
思い出に残る素晴らしい旅行を、本当にありがとうございました。
104.jpg参加者 : 大阪府堺市 二井本さん   2011年8月
先日は夢のようなアメリカ旅行をサポートしていただきありがとうございました。私、妻、姉、長男12歳、次男7歳、長女5歳の総勢
6名で、行くまでは色々心配しましたが家族の金の思い出を刻むことできました。 18年前に会社の出張でアメリカに1ヶ月行ったことがあり、それ以来のアメリカの旅でした。
前半はグランドキャニオンへ2泊3日の旅でヤバパイロッジに宿泊し、荘厳な朝日、夕陽を見ることができました。
パークレンジャーによるレンジャープログラムに子供達が参加しグランドキャニオンの自然を学びジュニアパークレンジャーになることが出来、大喜びしていました。
水が作り上げた芸術アンテロープキャニオン。
ペイジからのゴムボートによるコロラド川下り、下から見上げるグランドキャニオンの迫力に息をのみました。
ロサンゼルスは1日目は市内観光でファーマーズマーケットで昼食をとり、カルフォルニアの爽やかな風を感じました。
ロサンゼルス2日目は今回の旅行のメインイベントであるSUAの訪問でした。
この季節に珍しいそうで朝から真っ青な雲ひとつない青空でした。
SUAに向かう車中からトムさんにいろいろな事を教えていただきました。
子供達も英語の勉強法や色々な質問をしていました。
SUAは丘陵地帯の頂にあり、地域の人が散歩、ジョギングをしたりして素晴らしい最高の環境であると思いました。
SUAは夏休みの期間で学生さんは少なかったですが、キャンパス内をリタさんと長沢さんに案内していただきました。
SUAの建物はローマのコロッセウムに使用されているイタリア製の大理石で作られて
いて2000年以上の耐久性があるとのこと創立者の思いが伝わってきました。
教室、図書館、開館して間もない芸術センター、寮の部屋、学生食堂等丁寧に案内して
いただきました。学生食堂では子供達は、お腹いっぱい食べ、夢にまで見ていた
SUAのアイスクリームをおいしそうに食べていました。 子供たちは大きくなったらSUAに「絶対行く!」と一変にSUAが身近な存在になったようです。
つぎに、サンタモニカのSGI−USA本部に訪問し、エドワード・クラークさんに案内していただきアメリカ広布の歴史を子供達にも解りやすく説明していただき師弟の精神を学ばさせていただきました。
その後、美しいハモサビーチで子供達に水遊びをする時間を作っていただきました。
そして18年ぶりにレドンドビーチの桟橋で美味しいシーフードを食べることが出来ました。
とても懐かしかったです。
ホテルへの帰路にトーレンス市のコロンビアパークの大作・香峰子桜の森へ連れて
行って頂きました。 アメリカSGIメンバーの社会に貢献し理解されている証であると強く
感じました。 いつの日かコロンビアパークに咲く桜を見たいと思います。
また私が勤めている会社のアメリカ支社も立ち寄って頂き非常にうれしかったです。
駆け足のアメリカ旅行でしたが、家族の生涯に残る思い出となり、またこれをスタートと
していきます。
103.JPG参加者 : 愛知県の神田さん&大阪府の中武さん  2011年8月
私達は、2011年3月末に日本を出発し、世界を旅してきました。
4ヶ月半の旅の最終章を飾る場所としてアメリカ創価大学を選び、
グランツアーのおかげでその夢は叶えられることとなりました!
広大な敷地を持つアメリカ創価大学は、今年10周年を迎え、新しい建物も完成し、ますますパワーアップした姿を見ることができました。
地域の方が自由に出入りし散歩する姿、青く綺麗な水が流れる噴水がとても印象に
残っています。
また、アメリカ創価大学で勤務する創価大学の先輩方にも会わせていただきました。
始終すごいね、綺麗だねと感嘆の溜め息がでるばかり。
帰国日が迫っていた私達のため、時間のない中でも最大限にロサンゼルスを楽しんでいってもらいたい。と、細やかに気配りしていただき、手配していただきました。
本当にありがとうございました。
たくさんの方がこのアメリカ創価大学に訪れられたらいいのになと感じました。
皆様に喜んでいただけてとても嬉しいです。なによりも、遠慮無くリクエストしていただくことで、120%満足していただけるサービスを心がけております。 グランツアーをこれからもよろしくお願い致します。
| オレンジ郡ツアー | | オプショナルツアー | 航空券問い合わせ | ロサンゼルス基本情報 | 参加者フォーラム | お問い合わせ | 会社概要 | TOP |
Copyright © 2005 GRANTOUR U.S.A. All Rights Reserved.