オレンジ郡 創価大学 アメリカ創価大学 SGI


アメリカの通貨


コインは、1セント、5セント、10セント、25セント

紙幣は通常使われている紙幣は1ドル、5ドル、10ドル、20ドル、50ドル、100ドルがあります。
日本紙幣と違って大きさや色にあまり差がありません。
数字を確認してから使うようにしましょう。

チップについて


日本にはなじみがない習慣ですが、アメリカではタクシー・ホテル・レストランなどでチップを渡す習慣があります。
収入をチップに頼っている職業もあります。
一般的なチップの額は、下記の通りです。

ホテルのポーター
荷持を運んでもらった場合は、大きさや重さにもよりますが、1個1ドル もしくは、1ドル以上が相場でしょう。
ホテルのルームサービス
ルームサービスの合計金額の20%が相場です。 伝票を見てサービス料金が記入されていれば不要です。メッセージや届け物などは1ドルから2ドル位でしょう。
ホテルのドアマン
タクシーを呼んでもらった場合は、1ドル位でしょう。
ホテルのルームメイド
特に部屋を汚したなどの場合でなければ基本的には必要ないとも言われるが、渡すならチップと明確にわかるように1人当たり1ドルから2ドルを置くのが良いでしょう。 1セントなどの小銭を置くのは大変失礼になります。ベッドサイドテーブルの上に"Thank you"などのメモ書きを添えてチップとはっきりわかるように置きましょう。忘れ物と勘違いされる場合もあるので、注意してください。
タクシー
荷持の個数によりますが、料金の15%〜20%程度が相場です。料金が低くても最低50セントは置くようにしましょう。
リムジンドライバー
タクシードライバーより若干高くて料金の20%が相場になります。
バレットアテンダント
1ドルで十分でしょう。ただし車が遠くにあり、アテンダントが歩いて(走って)そこまで取りに行かなければならないような場合は2ドルあるいはそれ以上が相場のようです。
ピザ宅配などの配達人
もともと料金に上乗せされているから払う必要ないと思われがちですが、短距離で1ドルから2ドル、長距離や大きなものの場合は、2ドルから3ドルが相場になっています。
フラワーデリバリー
忘れがちですが、1束の花でも2ドルから5ドルです。大きなものだと5ドルから10ドルぐらいが相場です。
レストラン
総額の15%が相場ですが、請求書にサービス料が加算されている場合がまれにありますので、注意して下さい。 その場合は、もちろん支払う必要はありません。 ロサンゼルスのレストランでは 税金が 8.25%なので、その税金金額の倍 (16.50%)をチップとして支払うという方法も 頻繁に使われています。
一般的にレストランでの会計はテーブルで済ませるが、カジュアルなレストランでは伝票をレジに持っていく場合もまれにあります。 小銭がない時は、先にレジに行って会計を済ませてからチップ分をテーブルに置いて行けばOKです。

郵便・電話のかけかた


郵便に関する情報
郵便物を日本へ送る際の所要日数はAirmailで約1週間、船便Surfaceで約6週間かかります。
日本向けの航空郵便の宛名は日本語でOKです。ただし、必ず英文で "Japan"、"Air Mail"と書き添えてください(できれば赤ペンで)。 封書は28gまでが84セント、普通版ハガキなら75セントです。ポストは1メートルぐらいの高さで紺色、上部がかまぼこ型になっています。 切手は郵便局、ホテルのフロント又は売店でお求め下さい。
ハガキ75セント
手紙(封筒) 84セント〜。1oz(約28g)までです。その後は1oz増えるたび96セントずつ増えます。

電話のかけ方
 * Hotel からのかけ方
《市内電話》
Hotelの部屋からの外線は9発信が多いようです。市外局番を除いた7桁の番号をダイヤルしてください。
《市外通話》
ホテルの部屋から直通ダイヤルの場合は、外線番号の後に1を押し、市外局番をダイヤルします。また、ホテルから国際電話など長距離通話をする場合は、 かなりの手数料が加算されるため、プリペイドカードなどを利用されることをお勧め致します。 (日本に電話をして10分話しただけで$100以上請求されたというケースが多々あります)

 * 公衆電話からのかけ方
《市内通話》
1回35セントから50セントです。市外局番を除いた7桁の番号をダイヤルします。
お釣りは戻ってきません。
《市外通話》
まず、50セントを入れて、ダイヤル"0"で交換手を呼び、かける相手の局番を告げると料金を知らせてくれます。指定された料金を入れるとつながります。お釣りは戻ってきません。
《国際電話》
コーリングカード(プリペイドカード)を使うか、クレジットカード払いが可能なジャパンダイレクトなどを利用してください。

 * 自宅からのかけ方
《市内通話》
公衆電話同様、市外局番を除いた7桁をダイヤルします。
《市外通話》
1を押して、続けて市外局番と電話番号をダイヤルします。
《国際電話》
011+81(国番号)+相手の番号(ただし、市外局番の最初の 0 は取ります)
コーリングカードの場合は、各会社に問い合わせてください。

 * 携帯電話からのかけ方
《市内通話》
自宅からと同じです。料金は携帯会社のプランによって異なります。
《市外通話》
自宅からと同じです。料金は携帯会社のプランによって異なります。

ロスの危険情報


旅への基本的心構え
世界中で日本ほど安全な国はありません。日本の基準で外国を判断することは危険です。パスポート(旅券)は日本国民であることを証明する大切な通交証ですので携帯、保管には細心の注意を払いましょう! 日本人海外旅行者の増加に伴い、外国で犯罪や事故にまきこまれるケースも増えてきています。 こうした事件や事故は旅行者自身が正しい情報をもち、注意して行動していれば防止できるものがほとんどです。
以下の注意事項をどうぞ参照にしてください。

海外旅行傷害保険海外での医療費は高額な場合が多いので、出発前に日本国内で海外旅行障害保険に加入しておくことをお勧めします。
加入の仕方は様々で、出発前に空港内で保険コーナーが沢山ありますので、簡単に加入することができます。ぎりぎりで忘れてしまった場合には、出発前でも大丈夫です。

トラベラーズチェックとクレジットカード:多額の現金の持ち歩きは避け、できるだけトラベラーズチェックにしておく方が安全です。またクレジットカードを利用するのもよいでしょう。どちらも盗難や紛失の際は再発行が可能です。
換金は空港でも行っています。

 * 現金、貴重品の取り扱いについて
空港で:スーツケースを航空会社に預ける場合、現金やパスポートなど貴重品類は預ける荷物の中に入れず、身につけるか機内持ち込み用のバッグに入れ、身体から離さない方が安全です。空港やホテルのカウンターでチェックインの際には、足元に荷物を置かないよう注意しましょう。荷物から目を離すことになり、大変危険です。足の間にはさんでいても盗まれる例があります。また、団体客が空港、ホテルなどで説明を受けている時にも被害が出ています。
駅で:駅構内を移動中、リュックサックからファスナーを開けるなどして財布等を盗まれる例もあります。
ホテルで:客室だからといっても安全とは限りません。部屋の中にパスポート、現金、航空券などの貴重品を放置したまま外出するのは危険です。 部屋をでる際には貴重品は身体から離さないようにするか、フロントのセーフティボックスに預けるようにしましょう。
外出先で:もし多額の現金を持ち歩かなければならない場合は、できるだけポケットなどに分散しておく方が良いでしょう。しかし、ズボンの尻ポケットやバッグの外側のポケットなど、人目につくところには貴重品を入れないようにしましょう。また、人前で現金をしまった場所を確認するような振る舞いは極力避けてください。
自動車で観光中:レンタカーなど自動車で旅行する場合、貴重品を外から見えるところに置いて盗難に遭う人が増えています。また、トランクの中も決して安全とは言えません。
運転上の注意:アメリカでは、ほとんどの州でシートベルトの着用が義務づけられており、違反者には罰金が科せられます。 飲酒運転に関しては発覚と同時に“監獄”行きとなります。飲酒運転は絶対にやめましょう。
駐車違反を起こすケースが急増しています。駐車違反の取り締まりは日本より厳しく、邪魔にならないようすぐ持っていかれます。 駐車する場合には駐車可能な場所であるかどうかをよく確認する必要があります。

全般的に
* 悪質な客引き、押し売り、寄付を強要する者に対して、曖昧な態度をとると相手につけこまれます。 不確かなことを曖昧なままにしておくと、トラブルに発展する事もあります。わからないことは自分が納得するまで確認し、“イエス”“ノー”の意志表示をはっきりしましょう。 募金まがいの勧誘を受け、何を言っているかわからない時には、はっきり“ノー”と言いましょう。

* 空港からダウンタウンまでは、バス、タクシーなどの交通手段があります。地理に不案内な旅行者と見ると、出迎えを装って近づき、 荷物を勝手に自分の自動車に積み込み、目的地に着くと法外な料金を要求してくる場合があります。乗り場などをよく確認してから利用しましょう。

* 行動計画は自分で管理することが大切です。他人まかせで、うまくやってくれるだろうと勝手な期待を持つのは危険です。 例えば、観光バスの待ち合わせ時間に遅れた場合、バスは必ずしも待っていてくれるとは限りません。

緊急時の連絡電話番号
Asia Crime Investigation Department アジア特捜部 (日本語可)
TEL:213-473-7333

タクシーについて


L.Aには流しのタクシーはありません
ニューヨークなどと違って、L.Aの街には流しのタクシーは走っていない。
空港、駅、バスターミナル、主要ホテルなどへ行けば必ずタクシーが待機しているが、その他の場合は電話で呼んできてもらうしかありません。
自分の居場所と目的地の住所、位置関係をしっかり把握しておくことが大切です。又、ドライバーの営業許可証などを確認することもお忘れ無く。
タクシーの基本料金は1マイルごとに$2.00必ず15%程度のチップも忘れないようにしましょう。

【注意点】
L.Aの広さをうっかり忘れると大変
アメリカは本当に広い。ダウンタウンからサンタモニカまで15〜20分とはいえ、それはハイウエイを飛ばして走っての話です。
距離にすると21kmもあります。東名高速の東京〜横浜間が約19kmですから、タクシー代の高さも想像がつくでしょう。
日本でもそうですが、アメリカでもタクシーは決して経済的な乗り物とはいえません。

基本的なタクシー料金の目安(チップは別です)
ダウンタウン(ヒルトンH)------ハリウッド $30.00
ダウンタウン------ドジャー・スタジアム $10.00
ダウンタウン------ロサンゼルス空港 $25.00
(LAXからだと $2.5追加)
ダウンタウン------ウエストウッド $25.00
ハリウッド------ウエストウッド $30.00
ハリウッド------サンタモニカ $40.00
チップは料金+15%

天候について


ロサンゼルスの天候について
Los angeles週間天気予報
Yahoo site
http://weather.yahoo.co.jp/weather/world/amerika_5.html


| オレンジ郡ツアー | | オプショナルツアー | 航空券問い合わせ | ロサンゼルス基本情報 | 参加者フォーラム | お問い合わせ | 会社概要 | TOP |
Copyright © 2005 GRANTOUR U.S.A. All Rights Reserved.